« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月 1日 (水)

星野リゾートの猫魔スキー場で遭難事故

■星野リゾートが経営する福島県内の裏磐梯猫魔スキー場で遭難事故

 福島県北塩原村のスキー場でスノーボードをしていた男性がきのうから下山できなくなっていましたが、けさ警察のヘリコプターによって上空から発見されました。
 男性は両手足に凍傷がありますが、命に別状はないということです。31日午後4時頃、福島県北塩原村の裏磐梯猫魔スキー場でスノーボードをしていた38歳の男性から「スノーボード中にコースを外れ、自分がどこにいるのか分からなくなり下山できなくなった」と携帯電話で警察に連絡がありました。
 警察によりますと、男性からは数回にわたって警察に連絡がありましたが、すぐに電話が切れるなどして長く会話することはできず、行方が分かっていませんでした。警察と消防などはいったん夜の捜索を終え、けさ6時半から50人態勢で捜索を再開していましたが、午前7時半ごろ、県警のヘリコプターが立った状態で手を振っている男性を発見しました。男性はスキー場のセンターハウスから北西に500メートルほど離れた山林で発見され、ヘリコプターによってつり上げられて救助されたということです。
 警察によりますと男性は両手足に凍傷があるということで、会津若松市内の病院に運ばれ手当てを受けていますが、意識ははっきりしており、命に別条はないということです。
 警察は男性の体調の回復を待って遭難した詳しい経緯を聞くことにしています。
 福島地方気象台によりますと、北塩原村では、このスキー場に近い桧原で午前3時すぎに氷点下22度9分の最低気温を観測しています。(NHK2012年2月01日 10時41分より)

-----

■星野リゾートの北海道のトマムでも水死事故が発生している。

 5歳園児水死:波の出る屋内プールで 北海道トマム


 1月9日午後1時ごろ、北海道占冠村中トマムのリゾート施設「星野リゾートトマム」の屋内プールで、帯広市柏林台南町3の下村亘さん(47)の三男で幼稚園児の真広(まひろ)ちゃん(5)が深さ約1メートル20センチの水中に沈んでいるのを、一緒に来ていた叔母(41)が見つけた。真広君は旭川市内の病院に運ばれたが、10日午前5時過ぎに死亡した。

 道警富良野署によると、死因は水死。プールは全長80メートル、幅30メートルで、人工的に波が出るようになっており、監視員2人が常駐していた。真広君は叔父と叔母の3人で遊びに来て泳いでいたという。同署は施設の安全管理に問題がなかったか調べている。

 同施設の佐藤大介総支配人は「安全管理には十分配慮していたつもりだったが、事故の経緯などについて調査したい」と話した。(毎日新聞 2012年1月10日より)

20120202dsc04041

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »